キッチンリフォームは
調理時の動線を意識しよう!

キッチンリフォームをすることで、キッチンの見栄えが良くなり、誰に・いつ見られても大丈夫なキッチンにすることができます。ここでは、キッチンリフォームをする際の注意点を説明し、どうすれば使い勝手の良いキッチンにリフォームできるかを考えてみます。

キッチンの形状

キッチンリフォームの費用はリフォーム会社や工事の内容、キッチンの形状によって違いがあります。具体的な金額は業者に見積りを依頼することが必要です。

I型キッチン:一般的な形状のキッチンで、レイアウトがI型(直線)になっていることが特徴的です。

L型キッチン:L字型のレイアウトになっているキッチンで、動線が短く機能性が優れていることがメリットです。

対面型キッチン:壁を向かずにダイニングルームの方を向いて、家族と話しながら調理ができます。

調理がしやすいキッチンレイアウト

キッチンリフォームの目的は、キッチンの見栄えを良くすることだけではなく、機能性を高めることが重要なポイントです。機能性を高めることによって、リフォーム前よりも確実に調理がしやすくなります。

 

調理がしやすいキッチンレイアウトにするには、キッチン内の動線だけではなく、調理の流れを意識することが大事になってきます。

 

調理の流れを良くするには、冷蔵庫から食材を取り出してからの一連の調理の流れをイメージし、最小限の動きで調理ができるように、シンクや調理台、食器棚を配列することがポイントです。

収納を見直す

キッチンリフォームをする際には、必ず収納も見直すようにしましょう。収納を良くするポイントは、頻繁に使用する物は目から腰の高さの場所に収納できるようにし、置き場所を決めたら他の場所に置かないようにすることです。

これを意識することで、キッチンの機能性が大きく向上します。収納についても、リフォーム会社に相談してみるのがおすすめです。

コラム一覧

Company

概要

会社名

さくら住建株式会社 本社

住所

静岡県伊東市八幡野1282-129

電話番号
0557-54-7705
営業時間

9:00 〜 17:00

定休日

代表者名

鈴木 照二

アクセス

東京エリアで住居や店舗のリノベーションを主に請け負う建設会社は、最寄りの目白駅から徒歩で7分ほど進んだ住宅街の一角で、ご依頼を受け付けております。魅力的なプランや厳選した素材を組み合わせ、快適な空間をお届けいたしますので、ぜひ一度ご利用ください。屋根の施工やリビングのリフォームといった一部分のみのオーダーにもしっかりと対応いたします